黒尊(魚介居酒屋 高知県高知市) これ以上美味しいカツオある?

参考情報

・予約は必須

・コースは親父さんがこちらの様子を見ながら決めるけど、カツオは基本はいるらしい

・値段は5,000円ぐらい

日本中の最高の素材が築地(今は豊洲)に入ってくる。一流の料理人も集まる。だから東京で日本中の美味しいものが食べられる。何処かで聞いてなるほどなと思ってました。しかし、それぞれの素材の味とそれを生かす調理法を良く知っている人はやっぱりそれぞれの産地に要るんだなと強く考え改めさせられたのがこちらのお店でした。

高地にふらりと来てなんかいい店ないかなと当日予約の電話をしてると、偶然にも一人なら入れると黒尊を予約。

黒尊は比較的市街中心部にありますが、細かな路地を入ったところにあります。かなり年季の入った道です。ちょっと入りづらい雰囲気。

f:id:namarem:20210802231133j:image

店内は狭く、カウンター周りに8席ぐらいかな?座敷とかあるみたいですが、使ってるのかよくわからないです。
f:id:namarem:20210802231119j:image

メニューはお任せになるようです。ででんと大きなあん肝と、なんだったかな魚卵。。すごい量。
f:id:namarem:20210802231116j:image

食べてる間にカツオの柵を取り出し、炭火の網の上でじっくり焼きだします。はー、これが鰹の炙りかー。

次の皿。カツオの塩たたき、ぶりぬたとタイだったかな?こちらのお店ではまずカツオとぶりぬたなどが入った刺身盛りをまず出して店主が様子を見るそうですが、まぁとにかくすごいボリューム。これ私1人の一人前です。

f:id:namarem:20210802231113j:image

カツオの塩たたきはカツオの最も美味しい食べ方として今では有名ですが、もともとはこちらのお店でやっていた所、高知名物ということで座屋(いざりや)なども取り入れて全国で広まったそうです。醤油は付けずに、スライスニンニクを載せてワサビで食べます。こんな食べ方初めてや。。

このカツオの塩たたきが凄かった。

食べた瞬間、え?これ本当にカツオ? いや肉、、いや肉ではないけど魚ではない、、けど肉に近いかな。。。でもカツオ。臭みはない(決してニンニクのおかげで臭みがないわけではない)。魚を食べてる気がしないけど、、美味しい。。。カツオって本当はこんなにおいしい魚なのか。こんな肉質になるのか。美味しいを通り越してただひたすら衝撃的でした。

f:id:namarem:20210802231130j:image

ぶりの上に載ってるのはぬたという、葉のものを擦ったソース。酢味噌か何か和えるのかな。。?説明を忘れてしまったので他のお方の情報を見てみましたが、にんにくの葉をすってるみたいですね。油の強いぶりなどはしょうゆをはじいてしまうし、味も脂っこいのでこれが一番うまいとのこと。確かに脂っこい太いぶりをがぶりと食べれてしまう。これも食べたことが無いおいしさ。。醤油では油で飽きてしまうのでこの食べ方なんですね。。もう刺身を食べてる感じがしなかったです。「刺身は醤油だけで食べるモノでは無いことを発見したby醤油文化圏関東民」といった気分です。

このぬた、私の記憶が確かなら北陸の方での食べ方に習ったと説明してた気がします。でも高知ではニンニクのヌタというものがポピュラーだとか。。この組み合わせも大将が考えたのだろうか。。。

無事刺身を食べ終わると問題が発生。量が多すぎて、刺身を食べただけでおなかがいっぱい。しかし、こんな素晴らしいお店でこれで終わるのは悲しい。。。!店主もおなか一杯そうにしている私を見て次はどうするか聞いてくれるので、焼き物とかあるというので、じゃあ焼きを。。。と頼む。

f:id:namarem:20210802231122j:image

ぶりのほほだったかなぁ。これもまぁ美味しかったんですが、トマトがまた人生で食べた中でも最高に近いおいしさでした。。。こんなトマトどこで手に入るんですかね。こちらも高知産らしいですが、東京でもこの甘さと酸味の素晴らしいバランスのトマト会えないと思いますよってぐらいおいしかった。

少しお店の話題から離れますが、焼き魚をおなか一杯過ぎて苦しそうにしながら食べてたら大将や見かねた横の夫婦のお客さんと会話になりました。何て名前ですかという話から珍しい名前だったので、もしや〇〇って知っているという話になって唖然。どこの学校ですか?〇〇ですか?そうそう。あ、それ兄ですね。。。そう、隣客が兄の高校同期というミラクルが東京から遠いこの地で起こりました。その後盛り上がり一緒に二件目(飲みだけですが)行くことになったのですが、まぁそれはまた別の話で。

黒尊の料金は5-6,000円ぐらいでした。量と魚の質を考えると格安です。おいしい魚をたらふく食わせるという使命感を感じるお店でした。逆にある程度量を食べれないとお店が合わないかもしれません。あの塩カツオとブリぬたの大盛刺身をまず出すそうなので、それをクリアできないとその先まで味わえないというお店です。

しかし、それでも何とかして食べたいのがこのカツオの塩たたき。。。! 魚のコンディションにもよるかもしれませんが、これ以上のカツオをこの先の生涯食べる事は無いだろうと思わせる逸品でした。。。もちろんお寿司屋さんとか魚料理屋さんとかでもすごく美味しい鰹が食べるのですが、あれを超えるのは出会える気がしないですね。。ぜひ一度は食べてみてほしい一品です。

殿堂の鰹と大将のこだわりが止まらないお店でした。☆3.9

黒尊 (くろそん) – 大橋通/魚介料理・海鮮料理 | 食べログ

所在地: 〒780-0870 高知県高知市本町3丁目4−18
電話: 088-873-2624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です